スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■マダガスカルでのソーラークッカー普及

■記事:2010年4月

■掲載元ウェブサイト Link to the original article:
マダガスカルでソーラークッカー普及報告
Solar Cooker Review


http://solarcooking.org/newsletters/scrapr10.htm


===
■要約

スイスのNGOである Association Pour le Developpement de l'Energie Solaire (ADES) は2001年よりマダガスカルにおいてソーラークッカーの普及活動を行なっている。

活動の拠点であるマダガスカルの南西部の地域(Tulear, Ejeda, Morondava)に、現在までにソーラークッカー製造の3つの作業場を設立した。これにより、地域の大工や指導者など、30人を超えるソーラークッカーに関わる雇用を生んだ。今後は、更に2か所に地域センターを設立するとともに、出張所も作り、輸送コストの削減や更なる支援活動の拡大に乗り出す予定だ。

マダガスカルは年間330日が晴天という、ソーラークッキングには非常に適した地域だ。
マダガスカル人の平均年収は400USドル。近年高騰する薪や炭の燃料に多くのお金を費やしていることを考えると、太陽だけで調理ができるソーラークッカーの割安感は増してきたとはいうものの、ソーラークッカーはまだ高価な買い物だ。

ADESでは、スイスからの助成金とマダガスカル政府からの助成金によって、200ドルするボックス型ソーラークッカーを20ドルで購入できるようにしている。同様、パラボラ型ソーラークッカーは助成付き価格で50ドルで手に入る。

ボックス型クッカーは150℃まで温度が上がるもので、ご飯や野菜、肉料理、ケーキなどに使われている。パラボラ型クッカーはボックス型に比べて温度が高く、炒め物にも適しているが、太陽の動きに合わせて比較的頻繁に向きを変える必要がある。両方の特徴を補い合う形で使用されている。

ソーラークッカーの普及によって、雇用の創出のみでなく、薪調理の火や煙による危険・健康被害から家族たちを守っている。


ADESのWeb site:

http://www.adesolaire.org/en/

===
■Solarcookers Infoからひと言:
Solar Cookers Internationalが定期的に出しているニュースレター Solar Cookers Reivew に掲載の記事です。マダガスカルはアフリカ大陸の東に浮かぶ島国です。この50年で森林面積の約半分を失い、現在は国土のたった10%しか森林が残っていません。私たちが映画などでイメージしている緑豊かな国とはまったく異なる現状があるのですね。

私のソーラークッカー活動仲間の日本人女性も、現在マダガスカルの他の地域でソーラークッカー普及活動を開始しました。彼女によれば、国土は見渡す限り禿げ山が広がり、おそらく森林の喪失による土壌の流出・陥没もあちこちで見られるそうです。まさにソーラークッカー普及の意義が大きいといえるでしょう。普及活動、是非頑張ってもらいたいと思います。

ADESの活動は、同時に雇用の創出につながっているところが素晴らしいですね。人を育てることも大事な援助の要素だと思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Solarcookers info

Author:Solarcookers info
太陽だけで料理ができるソーラークッカーに虜になって6年。海外のソーラークッカー関連のウェブページに掲載されている情報を中心に、その中から自分の興味を引いた記事を選んで日本語に要約したものを気ままにお届けしたいと思います。
ココロは熱く、でもゆっくりのんびりです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセス数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。